忍者ブログ
[110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇場版リリカルなのはA'sを観てきました。
すごい面白かったー♪個人的には満足しました。w
あ、これから先はネタバレ有りなので苦手な人はパスしてね。


最初からリィンIIのモノローグから始まりますけど
こーいう倒置法は演出が難しいんですよね。

そして場面は変わってはやてちゃんが交通事故にあうシーンになりますが
ここははやてちゃんのアップ、そして街にこだまするブレーキ音…で
なのはちゃんのシーンに移る方が良かったかなと思いました。
ここで魔導書起動は後のヴォルケンリッター登場のシーンに繋いでも
意味は理解できるでしょうしね。

そしてなのはちゃんとフェイトちゃんの再会シーンは…
ごめん。これは素直にTV版の方が良かったかなと思いました。
友人も言ってたけど、いきなりフェイトちゃんがなのはちゃんに
お土産としてミッドチルダ饅頭を差し出してもおかしくなかったしねw

そしてなのはとヴィータちゃんの最初の戦闘ですが・・・
ヴィータちゃん・・・ネズミ花火みたいだった・・・(笑)
でもはやてにもらった帽子を燃やされて怒ったヴィータちゃんは大好きだー!w
そして助けに来たフェイトちゃんもシグナムに倒されちゃったわけですけど…
シグナム「あの娘はお前の家族か何かか?」
フェイト「…友達だ。ずっと会えなくてやっと会えた友達なんだ!」
うーん、やっぱりTV版より「友達だ」のインパクトが弱い感じが(^^;

そういえばシグナムやヴィータ達に狙われたリンディさんが
ついに武器をとってリンディさん無双が始まるかと思えば
いつの間にかなのは&フェイトちゃんに出番取られて
どこかに行っちゃったのもちょっと残念でしたね。(^^;
リンディさん無双も観てみたかったなぁー(笑

その後はTV版とほぼ同じの展開で涙腺が決壊するシーン続出ですよ。
八神家ファンとしてはココらへんは涙無しには観られないですね…!

ただ、シグナム達が別の世界でのリンカーコア集めをしているシーンは
もうちょっと多くても良かったのよ?

あと、戦闘シーンは大迫力でしたよー。
ココらへんはお金と時間のかけ方が半端ないです。(笑

そうそう。自動防衛機能<ナハト>をTV版よりも明示して
はっきりとここが原因としているのはTV版よりも
解釈しやすく、わかりやすかったのではと思いました。
ギリアム提督と使い魔たちが削られちゃったのは寂しかったですけどね^^;
でも最終戦のナハトの「防衛結界を破っている」というのは
作画的にちょっとわかりづらかったかな?
ここはもうちょっとすっきりした感じでも良かったんじゃないかな
とも思いました。

戦闘が終了した後のはやてとリインフォースの別れももうね。(号泣

そしてエンディング。
2年後ってことはなのは達が11歳ですよね。
ってことは例のなのはが・・・って頃なわけで。
もしかしてさらにこの後も劇場版続けるつもりで作っているの
かな~?と思わなくもなかったり。(笑
エンディングといえば主題歌は水樹奈々さんでエンディング曲は田村ゆかりさん
なんですね。でも最後に流れたのが水樹奈々さんの方だったのでこっちが
エンディング曲だと思ってましたわ(^^;

そんな感じでいろいろと言いたいこともありましたけど
最初に言ったように個人的には大満足の出来でした。
もちろん八神家ファン的にも(笑
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ひとりごとinついったー
    follow me on Twitter
    BlogPet
    カウンター
    プロフィール
    HN:
    木原まこ
    HP:
    性別:
    非公開
    最新コメント
    [03/21 きはらん]
    [03/07 ガンダマン]
    [02/01 きはらん]
    [01/31 Tomi++(射手座)]
    [09/17 きはらん]
    ブログ内検索
    バーコード
    最新トラックバック
    Designer by:北極星のなりそこない   Material by:Barcarolle     Copyright c [ ] All Rights Reserved.
    忍者ブログ [PR]